레이어
본문 바로가기 메뉴바로가기
전체메뉴 닫기
概要

慶南の自然

本道の東側には太白(テベク)山脈の余脈が伸びており

太白山脈

中央部には洛東江(ナクトンガン)が流れ、西側は比較的険しい小白山脈が湖南(ホナム)地方との境界となっている。

標高100m以下の低地帯が37%、100から500m地帯が49%、500から1,000mの地帯は12%、1,000m以上の高地帯は2%に過ぎない。

東部の山岳地帯には太白山脈の余脈である天皇山(1,189m)、神仏山(1,209m)、元暁山(992m)、下聖山(840m)など1,000m内外の山々があ り、慶州市から蔚山市までの間の兄山江地溝帯を始点とする各構造線上の谷はこの地方の人文の活動に大きい影響を与えている。

中央底地帯に位置している洛東江は本道に入り各支流と合流、南海(ナメ)に流れ込む。下流の金海地方では三角州平野をなしている。

また,

Taebaeksanmaek

この江は下流地方では傾斜が緩やかで(下流の傾斜1:10,000)雨期には氾濫し、沈水被害が多かったが、1969年と1976年の南江ダム、安東ダムの完成により水害は減少した。

本道全体地域に広がっている河岸推積平野と各河川支流の浸蝕谷の地域が主要生産地帯を形成している。

西部山間地は本道で一番険しい地域で小白山脈上の智異山(1,915m)、徳裕山(1,614m)、白雲山(1,279m)など高峰がつながり、特に智異山周辺は一番険峻である。

各山間地帯には多くの盆地があり、その地方の中心的な生産地帯を形成している。

東海岸は蔚山湾を除外すれば一般的に単調で急斜面の岩石海岸をなし、島嶼は少ない。 南海岸はリアス式海岸で多島海であり、様々な大きなの半島、 湾、岬などが多い。

特に、統営(トンヨン)を中心とする閑麗水道(ハンリョスド)一帯 は忠武公の戦勝地であると同時に観光地として海上国立公園に指定されている。

本道は韓半島(朝鮮半島)の東南端に位置し、南側は海に接し、北西側は高い山脈が横たわって冬の冷たい西北風を防ぐので、気候は韓国で一番温暖である。

本道の1月平均気温は2.5度程度、8月は25.3度程度である。年間降水量は1,500mm程度で、地域によりその差は比較的に大きい。

top버튼