레이어
본문 바로가기 메뉴바로가기
전체메뉴 닫기
観光名所

観光名所

牛浦湿地

牛浦湿地 file Image

牛浦湿地 file Image

基本情報

0
  • アドレス
  • 電話番号

内容

慶南昌寧郡にある牛浦湿地(牛浦、木浦、砂旨浦、チョクチボルを総称) は韓国で最も大きな自然内陸湿地として、昌寧郡遊漁面、梨房面、大合面、大池面の4つの行政区域にわたっている。

 

1998年3月に国際ラムサール条約(Ramsar Convention)に登録され、1999年2月環境部に湿地保護地域(Wetlan Protected Area)に指定された。2011年1月に天然保護区域に指定されて保護されており、2012年2月には牛浦湿地周辺の自然型湿地として、改善が必要な地域に対して湿地改善地域(62,940㎡)を指定した。

 

湿地保護地域に指定された面積は約8.547㎢、天然保護区域が約3.438㎢程度であり、牛浦湿地が水を含む湿地面積は約2.313㎢(70万坪)である。

 

牛浦湿地の生成時期については、1億4千万年前という説と約6千年前のB.C4千年頃という2つの説があるが、牛浦湿地の周辺を構成している堆積岩層から約1億1千~2千万年前に生きていた恐竜の足跡、化石、斑紋模様の化石、昆虫化石等が発見されていることから、1億4千万年前に生成されたという説が有力とみられる。

 

牛浦湿地で見られる代表的な生物としてはガマ、菖蒲、オギ、マコモ、ヒシ、シレンゲ、アサザなどの湿地植物と水雉、アオサギ、ゴイサギなどの夏の渡り鳥、オオハクチョウ、ヨシガモ、ヘラサギ、コウコクなどの冬の渡り鳥はもちろん、カイツブリ、ワシミミズク、ヒタキ、チョウゲンボウなど、四季を通して観察できる留鳥もいる。

 

その他にもカムルチー、フナ、鯉、タニシ、ミズスマシ、イトトンボ、タイコウチなど多様な生物がいる。

 

最近牛浦湿地では、絶滅危機種である天然記念物トキの復元事業を2008年から推進している

 

ラムサール条約

水鳥棲息地として、特に国際的に重要な湿地に係わる条約

湿地保護地域

環境部長官が特別に湿地保護が必要な地域に対して原始性を維持するか、生物の多様性が豊かな地域を対象に湿地保存のために指定した所。

湿地改善地域

湿地生態系の保全状態が不良な地域の中、人為的管理などを通じて改善する価値のある地域。

牛浦湿地 저작물은 자유이용을 불가합니다.

牛浦湿地 저작물은 자유이용을 불가합니다.

목록
top버튼